不用品回収専門愛媛の
新着情報

光触媒コーティング(ウイルス対策、抗菌・除菌)無料施工キャンペーン!

2021/10/22

  • 新型コロナウイルスの流行で感染対策の意識が高まっている中、自宅療養や家庭内感染など自宅でも気の休まらない状況が続いています。
    昨年は『人類が最も手洗いをした1年』などとも言われています。
    弊社では室内の除菌・抗菌・ウイルス対策に光触媒コーティングのサービスを導入しました。
    この1年以上続く感染対策の助けになるよう、不用品回収・片付けをご依頼いただいたお客様限定で光触媒コーティングを無料施工いたします!

光触媒コーティングとは?

光触媒とは、紫外線が当たることで常温では自然に発生しないような化学反応を起こし、有機化合物や細菌・ウイルスを分解・除去できる環境浄化剤です。
除菌剤などと違い、人体やペットには無害ですし、物に付着しても変色を起こさないため、布やプラスチックにも利用できます。

この光触媒を窓や車内に塗布することで、光が当たっている間、除菌・抗菌効果を発生させてくれるという物です。
さらに当社で利用している物は、殺菌作用があると言われている『銀イオン』との組み合わせにより、光の当たらない暗所や夜間でも効果を持続させています。

詳しくはこちら

対象者

12月31日までに15,000円以上の不用品回収・片付けをご利用のお客様
(対象期間中に回収・片付け作業を実施した方)

申込・施工の流れ

  1. 不用品回収・片付け作業日までに「キャンペーンの光触媒コーティングを希望」とスタッフにお伝えください。
    (作業日当日でも大丈夫です。)
  2. 光触媒コーティングの施工箇所を以下からお選びください。

    • 【トイレ】

    • 【車内】
  3. 光触媒コーティングの施工日をご予約ください。

「愛媛県松山市で燃えるゴミ、燃えないゴミの捨て方の違い」

2021/03/01



家庭で毎日出るゴミは、きちんと住んでいる地域のルールを守って分別をしなくてはいけません。
愛媛県松山市に住んでいる場合、燃えるゴミと燃えないゴミの捨て方の違いはどのようになっているのでしょうか?

ゴミを分別せずに捨ると、ルール違反です。
・地域の景観を損ねてしまう
・住んでいる町の生活環境を悪くしてしまう
・近隣の方に迷惑をかてしまう
・掃除当番の方に迷惑をかてしまう
などといった原因になるので注意が必要です。

そこで今回は愛媛県松山市のゴミ出しルールや、燃えるゴミと燃えないゴミの捨て方の違いなどについてご紹介させていただきます。
ゴミを分別する自分も、回収する相手も気持ち良くなれるような習慣を身につけていきましょう。

■愛媛県松山市のゴミ出しルール4原則とは?
愛媛県松山市に住んでいる場合の家庭ゴミの捨て方のルールはどのようになっているのでしょうか?
ここでは、愛媛県松山市のゴミ出しルール4原則をご紹介します。

①ゴミは「ごみカレンダー」を見て、決められた日の朝に出す。収集後には絶対ゴミは出さない。
②ゴミは決められた場所に出す。
③ゴミは正しく分別をして出す。
④ゴミは決められた方法で出す。ゴミ袋の色を守る。

このように愛媛県松山市の独自のルールがあります。
どこの自治体でも当たり前に守らなくてはいけない最低限のルールと言っても過言ではないでしょう。

■ゴミの分別はどうして必要なのか?
毎日のように嫌というほど出るのが「ゴミ」。
1つの袋にまとめて捨てるだけと思いたいところですが、実際は地域のルールに従って分別をしなくてはいけません。

「燃えるゴミと燃えないゴミ」どちらか分からなくても、きちんと調べてゴミの分別をしておかなくては以下のような支障があるからです。

ゴミは再利用できないものは焼却処分によって処分をし、資源として再利用できるものはリサイクルをします。

再利用のできるゴミはびんやスチール缶が挙げられ、びんは再利用をし、スチール缶は別の鉄製品へリサイクルをされます。

しかし、ゴミの分別を行わずにゴミを出してしまうとリサイクルをされることなく全てのゴミが焼却処分をされて埋め立てられてしまうのです。

資源になるゴミはきちんと出したいのは「私達が再利用をするため」なのです。

また、分別をきちんとできていないと再利用できるゴミまで使えなくなるなどリサイクルに悪影響がある可能性もあるのできちんと手間をかけて分別をしなくていけないのです。

■リサイクルの未来は?分別すると何になる?
ゴミは資源として再利用できるものをきちんと分別しておくと、回収後にリサイクルルートに乗せることができるようになります。

では、再利用できる資源にはどのような未来が待っているのでしょうか?
再利用をされる方法について簡単にまとめます。

○古紙
古紙はリサイクルされると
・ダンボール
・絵本
・紙筒
・印刷用紙
などへ生まれ変わることができます。

○紙パック
紙パックはリサイクルされると
・トイレットペーパー
・ティッシュペーパー
・板紙
・キッチンペーパー
などへ生まれ変わることができます。

○ペットボトル
ペットボトルはリサイクルされると
・卵パック
・飲料用ボトル
・カーペット
・洗剤ボトル
・回収ボックス
・ゴミ袋
・結束バンド
・ユニフォーム
などへ生まれ変わることができます。

○ガラスびん
ガラスびんはリサイクルされると
・アスファルト舗装
・びん
・タイル
・住宅の断熱材
などへ生まれ変わることができます。

○缶
缶はリサイクルされると
・レール
・建材
・自動車
・家電
などへ生まれ変わることができます。

リサイクルをすればこのように生まれ変わることができる資源も、そのままゴミとして出してしまうと焼却処分となってしまうのです。

■愛媛県松山市のゴミの出し方について
愛媛県松山市のゴミの出し方は、
・松山、北条地域
・中島地域
で異なります。
それぞれのエリア別にゴミの出し方をまとめたいと思います。

○松山、北条エリア
愛媛県松山市の松山、北条エリアでは8種11分別で家庭ゴミを収集します。
可燃ゴミ以外は袋を2重にすることが禁止されており、ゴミ収集場に出せるゴミ袋は3袋までとなっています。

【可燃ゴミ】
・ゴミを出す時間:午前7時まで
・収集頻度:週2回
・ゴミの出し方:45リットル以下の白色半透明の袋に入れる。(白色半透明のレジ袋も可)

【ペットボトル】
・ゴミを出す時間:午前8時まで
・収集頻度:月2回
・ゴミの出し方:45リットル以下の無色半透明の袋に入れる。

【プラスチック製容器包装】
・ゴミを出す時間:午前8時まで
・収集頻度:週1回
・ゴミの出し方:45リットル以下の無色半透明の袋に入れる。

【紙類】
・ゴミを出す時間:午前8時まで
・収集頻度:2週に1回
・ゴミの出し方:新聞紙と折込チラシ、紙パック、ダンボール、本類と雑がみの4つに分別し、それぞれを十文字にひもをかける。

【金物、ガラス類】
・ゴミを出す時間:午前8時まで
・収集頻度:2週に1回
・ゴミの出し方:45リットル以下の無色半透明の袋に入れる。

【埋立ゴミ】
・ゴミを出す時間:午前8時まで
・収集頻度:月1回
・ゴミの出し方:45リットル以下の無色半透明の袋に入れる(袋に入らないものは、ひもでしばる)。

【水銀ゴミ】
・ゴミを出す時間:午前8時まで
・収集頻度:3ヶ月に1回
・ゴミの出し方:45リットル以下の無色半透明の袋に入れる。

【粗大ゴミ】
・ゴミを出す時間:午前8時まで
・収集頻度:年6回
・ゴミの出し方:戸別収集(はがきでの申し込み制)。

○中島エリア
愛媛県松山市の中島エリアでは10種13分別で家庭ゴミを収集します。
可燃ゴミ以外は袋を2重にすることが禁止されており、ゴミ収集場に出せるゴミ袋は3袋までとなっています。

【可燃ゴミ】
・ゴミを出す時間:午前7時まで
・収集頻度:週2回
・ゴミの出し方:45リットル以下の白色半透明の袋に入れる。(白色半透明のレジ袋も可)

【ペットボトル】
・ゴミを出す時間:午前8時まで
・収集頻度:月2回
・ゴミの出し方:45リットル以下の無色半透明の袋に入れる。

【プラスチック製容器包装】
・ゴミを出す時間:午前8時まで
・収集頻度:月2回
・ゴミの出し方:45リットル以下の無色半透明の袋に入れる。

【紙類】
・ゴミを出す時間:午前8時まで
・収集頻度:月1回
・ゴミの出し方:新聞紙と折込チラシ、紙パック、ダンボール、本類と雑がみの4つに分別し、それぞれを十文字にひもをかける。

【金物、ガラス類】
・ゴミを出す時間:午前8時まで
・収集頻度:月1回
・ゴミの出し方:45リットル以下の無色半透明の袋に入れる。

【缶類】
・ゴミを出す時間:午前8時まで
・収集頻度:月1回
・ゴミの出し方:45リットル以下の無色半透明の袋に入れる。

【びん類】
・ゴミを出す時間:午前8時まで
・収集頻度:月1回
・ゴミの出し方:45リットル以下の無色半透明の袋に入れる。

【埋立ゴミ】
・ゴミを出す時間:午前8時まで
・収集頻度:月1回
・ゴミの出し方:45リットル以下の無色半透明の袋に入れる(袋に入らないものは、ひもでしばる)。

【水銀ゴミ】
・ゴミを出す時間:午前8時まで
・収集頻度:月1回
・ゴミの出し方:45リットル以下の無色半透明の袋に入れる。

【粗大ゴミ】
・ゴミを出す時間:午前8時まで
・収集頻度:月1回
・ゴミの出し方:小さな粗大ゴミは45リットル以下の無色半透明の袋に入れる。

■愛媛県松山市でゴミを出す場所は?
愛媛県松山市でゴミを出す場所(ゴミ集積場)については町内会や住んでいる管理会社に確認をした上で捨てるようにしましょう。

また以下のようなゴミに該当する場合は、市の運営する施設に持ち込むことが可能です。

○可燃ゴミ、粗大ゴミ(可燃物に限る)
名称:西クリーンセンター
住所:松山市大可賀3丁目525番地6
電話番号:089-953-1153

○可燃ゴミ、粗大ゴミ
名称:南クリーンセンター
住所:松山市市坪西町1000番地1
電話番号:089-971-8862

○埋立ゴミ
名称:横谷埋立クリーンセンター
住所:松山市食場町乙6番1
電話番号:089-977-5235

○埋立ゴミ
名称:大西谷埋立クリーンセンター
住所:松山市大西谷乙129
電話番号:089-977-0929

○可燃ゴミ、粗大ゴミ、資源ゴミ、埋立ゴミ
名称:中島クリーンセンター
住所:松山市中島大浦22
電話番号:089-997-5911

■愛媛県松山市の燃えるゴミ、燃えないの分別について
ゴミ出しは燃えるゴミ、燃えないゴミのルールを守った分別が重要です。
ここでは、愛媛県松山市の燃えるゴミ、燃えないの分別についての情報をまとめます。

○愛媛県松山市の燃えるゴミ、燃えないの分別について
【可燃ゴミ】
・生ゴミ
・写真やアルバム
・プラ製整理用カゴ
・洗剤の箱
・プラ製ハンガー
・バケツ
・プラ製ライター
・洗濯物干し洗濯バサミ
(ペットボトルマーク、プラスチック製容器包装マークがないプラスチック製の日用品に限ります)

【ペットボトル】
キャップとラベルを剥がして分別し、プラの日に出します。
ペットボトルマークが目印になります。
・しょうゆのボトル
・清涼飲料水などのボトル
・お酢のボトル

【プラスチック製容器包装】
プラスチック製容器包装は、汚れを取り除いてから出しましょう。
・キャップ
・ラベル
・発泡スチロール
・洗剤などの容器
・薬の包装シート
(プラスチック製容器包装マークがあるプラスチック製の日用品に限ります)

【金物、ガラス類】
・カミソリ
・ハサミ
・包丁
・缶
・スコップ
・なべ
・フライパン
・びん、ガラス製品

【紙類】
紙パックなどは洗って開き、乾かしましょう。
・新聞紙、チラシ
・紙パック(500ml以上)
・ダンボール
・本類、雑がみ

【埋立ゴミ】
・砂
・土
・陶器
・レンガ
・乾電池

【水銀ゴミ】
・ボタン型電池
・蛍光灯
・蛍光球
・白熱電球
(LED電球は粗大ゴミです)

【粗大ゴミ】
粗大ゴミはハガキでの申し込みになります。
・家具(ベッド、イス、たんす)
・日用品(傘、鏡付きコンパクト、ポリタンクなど)
・時計
・家電製品(ドライヤー、アイロンなど)

○愛媛県松山市で回収のできないもの
【家電4品目】
・エアコン
・テレビ
・冷蔵庫
・冷凍庫
・洗濯機
・衣類乾燥機
・パソコン
これらは、家電リサイクル法に基づき廃棄する人がリサイクル料金を負担してリサイクルをすることが義務付けられています。

【消化器】
自宅で不要になった消化器は、リサイクルシステムを利用する必要があります。

【使用済二輪車】
・スクーター
・原動機付自転車
・バイク
これらは、二輪車リサイクルシステムを活用した処理をしなくてはいけません。

【小型充電式電池】
様々な電池のうち、繰り返し充電をして使い続ける小型充電式電池は資源有効利用促進法に基づき、製造業者等に回収し再資源化が義務付けられています。

■ゴミを分別しないとどうなってしまう?
ゴミの分別はきちんと自治体のルールを守って行わなくては周りの人に迷惑をかけてしまうだけでなく、後から自分が恥ずかしい思いをしてしまうなんてこともあります。

そこでここでは「もしゴミを分別せずに出してしまった場合、どうなってしまうのか?」というお話をします。

○環境に悪影響を及ぼす
ゴミを分別せずに出すと、地球環境に悪影響があります。
ペットボトルや紙をきちんとリサイクルすれば温室効果ガスの削減にもなります。
その理由としては、ペットボトルは石油が原料になっているから。

もし、ペットボトルを分別せずにそのまま焼却処分してしまうと二酸化炭素が発生し温室効果ガスの増加に影響があります。
また、紙もリサイクルをしなければ森林伐採の量が増加し、結果的に二酸化炭素の増加を招いてしまいます。 
一人ひとりがゴミの分別をせずに再利用ができるものまで焼却処分をしてしまうと、結果的に地球環境を悪化させてしまうのです。

○自分のゴミだけが残る
ゴミ集積場にやって来たゴミ収集車はゴミを回収しますが、きちんと分別がされていないゴミはそのまま返却や放置をしてしまうことがあります。

自分の住んでいるところへ返却をされると、ゴミの分別ができていないということも近隣の方に知られてしまいます。
また自分のゴミが収集されずに放置してあることに気が付かなければ、生ゴミが腐ったりカラスに漁られてしまうということも起こってしまいます。

自分の住んでいるところがマンションであったりするとゴミの主を特定するために管理人か中身を確認することもあり、非常に恥ずかしい思いをしてしまうのです。

○自治体や管理人に注意をされる
住んでいるマンションなどで自分がゴミの分別をきちんとしていないと、管理人が直接注意をしにやってくることもあります。

また名前は伏せてあるものの書面で注意喚起をする張り紙が貼られたり、回覧が回ってくるなんていうことも。

近隣の住民や管理人に注意を受けて、お互いが嫌な気持ちになってしまわないようにするためにもゴミの分別は最低限のマナーだと考えなくてはいけません。

■ゴミの分別を習慣づけよう
ゴミの分別は、日頃から意識して行うことで習慣づけていくことが可能です。
ゴミをくくってから「面倒くさいな」と仕分けをするよりは、前もって仕分けをしておくことが大切。
そこでここでは、ゴミの分別を習慣づけるためのコツをご紹介します。

○ゴミ箱を分ける
自宅に大きなゴミ箱を1つ置いているだけでは後から分別をするのが面倒になってしまったり、1つずつ確認するのに手間がかかってしまいます。

そのようなことを避けるためには、ゴミ箱を分けて設置するのがオススメ。
例えば
・燃えるゴミ
・燃えないゴミ
・ペットボトル
・びん
・缶
など専用のゴミ箱を作っておけば、そこに捨てるだけで簡単に分別をすることができます。

○ゴミの分別表を持っておく
自治体によってゴミの分別方法は異なります。
「このゴミは、燃えないゴミかな?」など悩んでしまうこともあるかもしれませんが、そんなときに備えて自分の住んでいる地域のゴミの分別表を持っておきましょう。
もし分別方法が分からなくても、分別表さえあれば簡単に分かるようになります。

愛媛県松山市の場合は
・ごみカレンダー
・粗大ゴミ収集申し込みガイド
・ごみ分別はやわかり帳
の3つがあり、ごみ分別はやわかり帳は家庭ゴミの出し方や分け方、排出禁止物や処分方法が記載されています。
もし手元になくても市役所や、地域のホームページにも掲載がいりますので確認すると良いでしょう。

○捨てる前に分別が合っているか確認する
ゴミは、捨ててしまう前にもう一度分別ができているかチェックをしておきましょう。
ゴミを間違えて捨てていないか、部品ごとに分別があっているかなど中身までしっかりと確認をしておきましょう。

■まとめ
ゴミは自治体によって分別方法が異なり、その地域ごとのルールに従って分別することが重要です。
燃えるゴミや燃えないゴミなど、きちんとした分別をしていないと環境悪化を招いたり、近隣の住民へ迷惑をかけることにも繋がってしまいます。

自分のゴミだと特定されてしまい、管理人や自治体から注意を受けることがないように日頃からゴミの分別をする習慣をつけておかなくてはいけません。

自分がゴミの分別をきちんとすることで資源のリサイクルを実現し、結果的に自然環境の保護に貢献しているという喜びも持ちながらトライしてみてくださいね。
今回は愛媛県松山市のゴミ出しルールや、燃えるゴミと燃えないゴミの捨て方の違いなどについてご紹介させていただきました。

「愛媛県、松山市で不用品を捨てる賢い捨て方、業者に頼む時の業者選びのコツ」

2021/02/26




大掃除や引っ越しなどで片付けをしていると、大量の不用品が出てしまうことってありますよね。
「捨てたい」と思っても大きな家具や家電製品、ゴミが大量であったりすると捨てる方法に困ってしまうこともあると思います。

実際、不用品の品目によって捨てる方法が異なりますので何でも可燃ゴミの収集日に捨てるという訳にもいきません。
では、どのように不用品を捨てれば良いのでしょうか?

そこで今回は愛媛県松山市のエリアで不用品を捨てたいときの賢い捨て方や、不用品を業者に依頼して処分してもらうときの業者選びのコツについてご紹介させていただきます。

■愛媛県松山市で不用品を賢く捨てるには?
ここでは大掃除や片付けに伴って発生する不用品の処分の一例や愛媛県松山市エリアで不用品を賢く捨てる方法についてまとめます。

○身の回りに不用品はありますか?
大掃除や引っ越しなどで片付けをすると家電・家具・小物・自転車など大量の不用品やゴミが出てしまいますよね。
不用品を捨てるとなれば有料で回収してもらわなくてはいけない品目もあるので注意が必要です。

ここでは、大掃除や引っ越しなどで片付けをした際に出る不用品の一例をご紹介します。

・家具や家電製品
引っ越しに伴い、ベッドやソファー、イス、テーブル、洗濯機、冷蔵庫などの不用品が発生することはよくあると思います。
家具は粗大ゴミとして捨てることができる場合もありますが、テレビやエアコン、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機などは家電リサイクル法で定められた「リサイクル料金」を支払わなくてはいけません。
きちんと、リサイクル料金を支払わなければ違法になってしまいますので注意が必要。
家電製品を買い換える際には、購入をした店舗で下取りをしてもらえる可能性もありますので確認しておくと良いでしょう。

・衣類や小物
片付けをしていると、もう何年も着用していない洋服や以前身につけていた小物などが出てくることもあると思います。
これらは、状態やブランドによっては高額買取をしてもらえる可能性もあるでしょう。

・書籍
単行本であったりすると買い取りも難しいマンガや小説。
重たくかさばるために、処分に困ってしまう不用品の1つとしてあげられます。
このような書籍は、可能な場合は古本屋やフリマアプリなどで売却をしましょう。

・自転車
自転車は引っ越しの際などに不用であれば捨てておきましょう。
自転車は運搬にもコストがかかるため、不必要な場合は早めにリサイクルショップなどで処分をするか友人や知人に譲るのがオススメ。
また、自転車を捨てる際には「防犯登録」を抹消しておくことが重要です。
抹消の手続きは地域によって異なるので、自転車防犯協会ホームページで調べておきましょう。
友人に譲る場合も、防犯登録の抹消をするか控えや譲渡証明書を渡しておくことを忘れないでくださいね。

○不用品を捨てる方法は品目によって異なる
何年も着ていない服や、読んでいない本、何年も使っていた家電製品など買い替えなどをきっかけに捨てることもあると思います。

しかし、不用品によっては自治体では回収のしていないものもあるので注意が必要。
おおまかなゴミの区分は以下のようになっています。

・可燃ゴミ
引越しで最も多く出るものが可燃ゴミ。
生ゴミ、紙くず、衣類、木の葉や枝、紙おむつ、プラマークのないプラスチック製品など。

・不燃ゴミ
金属、缶、ガラス、陶器、小型家電などのもの。
「キケン」「ワレモノ」と書いて厚紙に包んで捨てることができます。

・資源ゴミ
瓶、缶、古紙、ペットボトルのキャップ、発泡スチロールなど。

・粗大ゴミ
大型の家具や、家電製品。
引っ越しで最も処理に困るのがこの粗大ゴミ。
布団や椅子、テーブル、ソファ、座布団、自転車、カーペットなどがあげられる。

・家電リサイクル法に基づいて処分の必要なもの
冷凍庫、冷凍庫、テレビ、エアコン、衣類乾燥機、洗濯機など。

どのような不用品も記事後半にお伝えする「賢い捨て方」をすれば費用を節約したりと賢く捨てることができますよ。

○愛媛県松山市はどんなものが粗大ゴミに該当する?
愛媛県松山市では、どのようなものが粗大ゴミの対象になるかをまとめます。

【愛媛県松山市で粗大ゴミの対象となるもの】
電気や電池を使う製品や石油ストーブ、家具類、鏡、ヘルメットなどが対象になります。
他には
・家電
・寝具
・調理器具
・家具
・生活雑貨
・レジャー
・園芸
・自転車用品
・乗り物類
・子供用品
・玄関用品
・美容商品
・お風呂用品
などがあげられます。

【愛媛県松山市で粗大ゴミとして捨てられないもの】
愛媛県松山市では捨てることができないゴミは以下の通りです。
・リサイクル家電(テレビ、冷凍庫、冷蔵庫、エアコン、洗濯機、衣類乾燥機、パソコンなど)
・適性検査処理困難物(車のホイール、廃タイヤ、スプリングマットレスなど)
・危険性のあるもの(ガスボンベ類、バッテリーなど)
・小型充電式電池
・事業所や商店から出るゴミ
などがあげられます。
不明なことがある場合や詳しく知りたい場合は、生活課へ問い合わせをしましょう。

○不用品を捨てる方法は?
・自治体に回収してもらう
可燃ゴミ、不燃ゴミ、資源ゴミ、有害ゴミ、粗大ゴミなどで分別し、自治体に回収してもらうのが一般的な不用品の捨て方です。

書籍や雑誌、衣類などは資源ゴミとして無料で回収もある自治体が多いですが、粗大ゴミは有料となっており自治体に問い合わせて回収依頼を依頼するのが一般的。

自治体に回収をしてもらう場合は、季節によっては数週間待ちの場合もあるので計画的に行わなくてはいけません。
また不用品によっては、回収ができないこともあるので注意が必要です。

・販売店やメーカーに回収してもらう
電器店では、充電式電池やボタン電池などの回収ボックスを見かけることもあると思いますが、場合によっては不用品を販売店などで捨てることが可能な場合もあります。
電池や電化製品は回収された場合、リサイクルされますので資源の有効活用にもなるでしょう。

買い替えの場合は、古くなった電化製品を下取りをしてくれることもあります。
しかし店舗によっては有料で回収となる場合もありますので注意が必要です。

・リサイクルショップに持ち込む
買い手のつかない特殊な製品などはリサイクルショップで無料で引き取ってもらえたり買い取ってもらえる可能性があります。
家具や家電は傷の具合や使っている年数によっても買取の値段は異なりますが、楽器やバイクなどの大型のものでも買い取ってもらえることがメリット。
また、取扱説明書や付属品も揃っていると買い取り価格が高くなる場合もあります。

しかし、ボロボロすぎていかにも壊れかけの製品で買い取りが不可能であるなどして、ゴミが片付けきらなかったということも起こる場合もあるので注意が必要です。

・オークションやフリマアプリを利用する
通常であれば買い取ってもらえないようなものであっても、メルカリやラクマなどのフリマアプリやオークションサイトを使えば必要としている人に売ることができます。

この場合は、写真や説明文を掲載するだけで買い取ってもらえるというメリットがありますが販売手数料が差し引かれることや、トラブルが発生したときに自分で対処をしなくてはいけないので注意が必要。
また、発送手続きなども自分で行わなくてはいけないので引っ越しまでに捨てたい場合などは日数を計画的に考えて販売しなくてはいけません。

・地元の掲示板を利用する
不用品を無償で譲ったり安価で販売しても良い場合には、役所や地区センターにある「あげます・譲ります」の掲示板や、ジモティーなどの掲示板を利用するのも1つの手段です。

近所の人に再利用をしてもらえるということ、捨てる費用がかからないことはメリットでしょう。
しかし、希望者が現れたとしても連絡のやり取りがうまくいかなかったり返品などのトラブルが起こる場合もありますので注意が必要です。

・友人に譲る
もしも処分に困っているもので、再利用ができる不用品である場合は知人や友人に「いりませんか?」と声をかけるのも1つの手段。
知人や友人であれば、フリマアプリなどのように発送や連絡のトラブルに遭う可能性も低いことがメリットです。

・不用品回収業者に依頼する
不用品回収を専門にしている業者であれば
・回収してもらうのに時間がかかってしまう
・不用品の一部が回収してもらえなかった
などというトラブルは比較的に避けられることがメリットです。
自治体に回収してもらうことと比べれば、引き取りの種類に制限がなく、家具や家電、一般ゴミなどでも不用品を一度にまとめて処分することができることが多くなっています。

○不用品は賢く捨てよう
不用品を賢く捨てるには「不用品回収業者」に依頼することがオススメ。
その3つの理由をご紹介します。

①まとめて処分ができる
フリマアプリやネットオークションサイトであると、売れるものや売れなかったものが出て不用品が余ってしまうことがあります。
またリサイクルショップなどで買い取りをする場合も全ての引き取りができずに、一部の不用品をまた自宅に持って帰らなくてはいけなくなるということも起こりがち。

しかし、不用品回収業者に依頼をすればどんな不用品でも一気にまとめて捨てることができます。

②比較的即日対応が可能
粗大ゴミを捨てたいとき、自治体に依頼をすると数日〜数週間かかることもあり「引っ越しに間に合わない!」ということもあると思います。

しかし、不用品回収業者であればネットや電話で問い合わせをしてから最短で1日で回収に来てくれる業者もあるので迅速に捨てることができます。

③どんな状態でも安心
大掃除や引っ越しに伴って不用品が出る場合もありますが、ゴミ屋敷や汚部屋の片付けから大量の不用品が出てしまうこともあると思います。
不用品回収業者は引き取る際にはゴミの状態を問わずに回収してくれる業者も多くなっています。

④作業は不用品回収業者に任せてOK
自治体で不用品を捨てるとなると重たい荷物を自分で運搬しなくてはなりません。
人手を確保したり、車を用意するのも大変ですよね。

しかし、不用品回収業者に依頼をすれば運搬から処分まで全てを任せることができます。

⑤節約にもなる
自治体で粗大ゴミの回収をしてもらったり、不用品回収業者に依頼するには有料になりますが不用品回収業者でれば節約をすることも可能です。
不用品回収業者によっては買い取りも行っており、不用品を回収し可能なものは買い取ってくれます。
自治体にただ捨てに行くだけよりは、まとめて捨てて買い取りで値引きをしてもらう方が賢い捨て方と言えるでしょう。

■不用品回収業者に頼む時の業者選びのコツ
いざ不用品を回収業者に依頼しようと思っても、不用品回収業者を名乗る業者はたくんあるので「どこを選べば良いか」悩んでしまいますよね。
不用品回収業者を誤ってしまうと高額請求をしてくるなど後々トラブルにもなりかねません。

そのようなことを避けるためにも、ここでは不用品回収業者に頼むときの業者選びのコツについてまとめます。

○一般産業廃棄物収集運搬事業許可があるか
不用品回収業者かきちんとした業者であるか見極めるためには「一般産業廃棄物収集運搬事業許可」があるかどうかを確認しましょう。

不用品回収業者は、各自治体から上記の許可を取得して行わなくてはいけません。

これは、一般家庭から回収する不用品の中ら有価物を選別し、廃棄物を処分しますがその処分にあたって一般産業廃棄物収集運搬事業許可が必須だからです。
この一般産業廃棄物収集運搬事業許可を持たずに不用品回収をしている業者は無許可で営業をしている業者ですので、依頼をしないようにしましょう。

○古物商許可があるか
都道府県の公安委員会から古物商許可を取得している場合は尚信頼ができる業者です。
不用品の買い取りをしてリサイクルショップを運営する業者は必須のものですので確認をしておきましょう。

○産業廃棄物収集運搬許可があるか
エアコンやテレビ、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機などの家電リサイクル法4品目を回収するために「産業廃棄物収集運搬許可」を取得しています。
この産業廃棄物収集運搬許可を取得せずに回収をしている場合は違法行為です。
産業廃棄物収集運搬許可などを取得している業者は、ホームページなどなも記載があるはずですので確認するようにしてください。

■不用品回収業者に依頼する前に確認しておくべき項目
不用品回収業者に依頼するとなったらどんな会社なのか、実績があるかなどを知っておくと更に安心して作業を依頼できますよね。
そこでここでは、不用品回収業者選びで確認しておくべき項目をまとめます。

○回収可能な品目が多いかどうか
不用品回収業者といっても、全ての業者が何でも回収してくれる訳ではありません。
回収可能な品目がどのくらいあるのか、ゴミ屋敷のような場合でも生ゴミや汚物、粗大ゴミなども回収が可能かどうかを見ておくようにしましょう。

○作業事例が掲載されているかどうか
不用品回収業者は、自社ホームページに作業前と作業後の画像や動画などの作業例を掲載しています。
またお客様の声や、作業人数、スタッフについて、所要時間までも載っていると尚信頼がしやすそうです。
安心してサービスを利用するためにも、実際どうだったかという作業事例を見ておくと良いでしょう。

○口コミが良いかどうか
依頼をしようとしている不用品回収業者を検索し、評価や口コミを見ておくのもオススメ。
実際の利用者の口コミを見れば、より安心をすることができるでしょう。

■警戒したい不用品回収業者について
不用品回収業者にも無許可で営業をしている悪徳業者も存在します。
そんな警戒をしておきたい不用品回収業者についてまとめます。

○住所が確認できない業者
悪徳業者の場合は、会社のホームページが存在せずに所在地が確認できないということや電話番号が掲載されていないということがあります。
信頼のできる回収業者の場合は、連絡先や住所は明記されていますので依頼をする前に確認しておきましょう。

○チラシで無料回収を呼びかけている業者
ポストに投函される「なんでも無料回収します」などというチラシは、無許可で営業をしていることもありますので注意が必要。

無料と書いているのに料金が発生したり、処分する予定のないものまで強引に回収していくこともありますので気をつけましょう。

○トラックで巡回している業者
自宅の周辺を軽トラックで「不用品を回収します。」と呼びかけて巡回する業者をよく見かけると思います。
そのような場合、全ての業者ではありませんが無許可で営業をしている事例が多くあります。

作業をしたあとに、運搬料などと称して高額な追加料金を請求してきたり、回収してもらったものを不法投棄するというトラブルもありますので気をつけなくてはいけないでしょう。

○アポなしで自宅訪問する業者
アポなしに突然自宅にやってくる手口の訪問業者は警戒しましょう。
もし家に招いてしまうと部屋中を物色し、必要なものまで強引に回収しようとしたり個人情報などを盗まれてしまう可能性もあります。

アポなしに自宅訪問をしてくる回収業者は警戒をするようにしてください。

■まとめ
大掃除や引っ越しに伴って片付けをしていると家具や家電、小物など不用品が大量に出てきますよね。

そんなときには不用品回収業者に依頼し、まとめて処分してもらうのが賢い捨て方です。
不用品回収業者であれば
・不用品が残らずスッキリ片付く
・予約をしてから待ち時間が少なく、比較的すぐ片付く
・場合によっては一部の買い取りがある
・運搬などの作業も業者がしてくれる
というメリットがあります。

今回は愛媛県松山市で不用品を捨てる賢い捨て方や、業者に頼む時の業者選びのコツなどについてご紹介させていただきました。

「引越しシーズン、引越しと引っ越しに伴う片付けで得する情報。賢く引っ越しをするなら」

2021/02/19





入学や就職、転勤など「新生活」を始める引っ越しシーズンになってきましたね!




いざ引っ越しが決まっても「何からどのように手を付けて良いか分からない」「部屋が片付かなくて困っている」なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?




実際、引っ越しをするとなると大量に出てくるのが使わなくなった不用品や粗大ゴミです。
引っ越し先に持っていくべきなのか、どのように処分すべきなのか…など様々なことに悩んでしまうと思いますが、手順を踏んで進めれば引っ越しに伴う片付けでお得に、そして楽々に進めることができるようになります。




そこで今回は賢く引っ越しをするための方法や、引っ越しに伴う片付けでお得な情報などについてもご紹介させていただきます。




■賢く引っ越しするにはどうすれば良い?
引っ越しの前後は職場や家庭環境もガラッと変わるので、バタバタと慌ただしい新生活が始まりますよね。
新生活を始める前、つまり引っ越しをする地点で片付けのコツを掴んでおけば快適に新生活を迎えることができるようになります。




そんな、引っ越しに伴う片付けを賢く行うコツとしては「計画的に不用品や粗大ゴミをまとめる」ということ。
まず引っ越しが決まったときに片付けや荷造りを始めると思いますが、この準備は早いに越したことはありません。




しばらく着ていない洋服や、読まなくなってしまったマンガや書籍など使わなくなってしまったものをどんどんまとめて処分いくと良いでしょう。




可燃ゴミや不燃ゴミとしてゴミに出せる場合は「引っ越しまでにあと何回収集日があるか」ということを確認し、きちんとゴミの片付けができるようにしておきましょう。




引っ越しをきっかけに、いらない不用品を全部片付けて処分をしておくことで荷物を減らし、費用も抑えて賢く引っ越しをすることができます。




(*詳しくは後述でご紹介したいと思います。)




また、費用を抑えたいという方は「引っ越しシーズンを避ける」という方法もあります。




引っ越しシーズンに転居するとなると
・部屋探しの競争率が高く、家賃交渉で損をしてしまうことがある
・引越し業者に時間指定を依頼すると割増料金がかかる
などということもあります。




引っ越し費用を抑えたい場合は引っ越しシーズンを避けて、7〜8月の閑散期に行えば
・家賃交渉がしやすい
・引っ越し業者の料金が安い
というメリットもあります。




ですから、引っ越し時期が決まっていない人は引っ越しシーズンを避けた時期を選ぶのもオススメです。




■引っ越しに伴う片付けで得する情報
引っ越しの片付けをすると、大量に不用品やゴミが出てしまいますよね。




自分で処理ができるのであれば問題ありませんが、ゴミ屋敷であったり不用品が大量にあるとどこから片付けて良いか分からないこともあると思います。




そんないらない物を引っ越先まで持っていったり処分ができないもいうことは避け、スッキリ片付けて賢く荷物をまとめていきましょう。




○引っ越しの片付けで発生したゴミはどうする?
引っ越しで大量に発生するのは「ゴミ」。
細かい可燃ゴミならまだ良いのですが、燃やせないものや処分に困る大型ゴミなどもありますよね。




「どう処分すれば良いの?」と途方に暮れてしまう方もいると思います。




そんな方のために、ゴミの区分や廃棄の仕方をご紹介します。
正しく分別するには、自治体で細かく決まっていますので確認をするようにしてくださいね。




・可燃ゴミ
引越しで最も多く出るものが可燃ゴミ。
生ゴミ、紙くず、衣類、木の葉や枝、紙おむつ、プラマークのないプラスチック製品など。




・不燃ゴミ
金属、缶、ガラス、陶器、小型家電などのもの。
「キケン」「ワレモノ」と書いて厚紙に包んで捨てることができます。




・資源ゴミ
瓶、缶、古紙、ペットボトルのキャップ、発泡スチロールなど。




・粗大ゴミ
大型の家具や、家電製品。
引っ越しで最も処理に困るのがこの粗大ゴミ。
布団や椅子、テーブル、ソファ、座布団、自転車、カーペットなどがあげられる。




・家電リサイクル法に基づいて処分の必要なもの
冷凍庫、冷凍庫、テレビ、エアコン、衣類乾燥機、洗濯機など。




○引っ越しの時に片付けで処分できずに困るものとは?
引っ越しをするときに部屋を片付けると大量の不用品やゴミが出るなんてこともあると思いますが、その中でも処分に困るものが以下のようなものです。




・家電製品:テレビ、冷蔵庫、冷凍庫、パソコン、洗濯機、乾燥機、ビデオデッキ
・家具:ソファ、ベッド、椅子、テーブル、食器棚、本棚
・衣類:ジャケット、スーツ
・書籍:文庫本、マンガ、単行本、雑誌
・その他:CD、DVD、ゲーム
・重たいもの:車、バイク、ピアノ




荷物が比較的少ない人でも、引越し先の住居が家具付きであればテーブルや椅子の家具の処分をしなくてはいけません。
引越し先に持っていく必要はないものは、費用を抑えるためにも早めの処分をするのが賢い片付け方でしょう。




○引越しで不用品や粗大ゴミはどう処分する?
引っ越しでの片付けで、不用品や粗大ゴミが大量に出てしまったとき「どうやって処分しよう」と悩んでしまいますよね。




粗大ゴミや不用品の処分の方法としてはほとんどの方が「自治体に回収してもらう」という方法を選択していると思います。




一定のゴミは、可燃ゴミや不燃ゴミなどの収集日に回収をしえもらますが、大きなサイズのものや重量のあるものなどの粗大ゴミは自治体でゴミの処理の収集に依頼しなくてはいけません。




しかし、粗大ゴミを自治体に依頼するとなれば時期によっては数週間かかってしまい引っ越しに間に合わなかったりすることもあります。




またそれだけでなく、
・エアコン、テレビ、冷蔵庫、冷凍庫、衣類乾燥機、洗濯機などの家電製品
・バイクやタイヤ
・ガスボンベ、塗料、異臭を放つもの
・ピアノ
などの粗大ゴミの対象とならないものも多くあるのです。




そんなときにお得に不用品や粗大ゴミが回収され、引越しの節約になる可能性がある方法か以下のものがあげられます。




その方法としては、
・リサイクルショップに売りに行く
・フリマアプリに出品する
・地元の掲示板を利用する
・不用品回収業者に依頼をする
ということがあげられます。
それぞれ説明します。




【リサイクルショップに売りに行く】
買い手のつかない特殊な製品やリサイクルができないようなものは、リサイクルショップで買い取ってもらえる可能性があります。
家具や家電は傷の具合や使っている年数によっても買取の値段は異なりますが、楽器やバイクなどの大型のものでも買い取ってもらえることがメリット。
着用をしなくなった服や雑貨も買い取ってもらえる可能性があります。




しかし、ボロボロすぎていかにも壊れかけの製品や買い取りが不可能でゴミが片付けきらなかったということも起こる場合も。




【フリマアプリに出品する】
通常であれば買い取ってもらえないようなものであっても、メルカリやラクマなどのフリマアプリを使えば必要としている人がいたら高価に買い取りができる可能性があります。




この場合は、写真や説明文を掲載するだけで買い取ってもらえるというメリットがありますが
・販売手数料が差し引かれる
・発送などの準備が大変
・発送などの負担費用が必要
などというデメリットがあります。




【地元の掲示板を利用する】
まだ使えるけど必要のないものは、役所や地区センターにある「あげます」「譲ります」の掲示板や、ジモティーなどの掲示板を利用するのも1つの手段。




高い金額にはなりませんが、処分費用がかからず誰かにまた再利用してもらえるというメリットがあります。
希望者が現れたとしても連絡のやり取りがうまくいかなかったり、返品などのトラブルが起こるというトラブルだけは気をつけなくてはいけません。




【不用品回収業者に依頼をする】
リサイクルショップやフリマでは売れなかったものがあるとゴミの一部が残るなどして、引っ越しの片付けが進まなくなってしまうことがあるかもしれませんが、全てのゴミを一気に片付けたければ不用品回収業者に依頼するのがオススメ。




こちらであれば大きな家具や家電、楽器なども運搬から処理まで全ての作業を業者がしてくれるので、手間がかからないことがメリット。
引っ越しの際には思っている以上のゴミがあると思いますが、専門業者に依頼すれば一気にまとめて片付けることができるので手際良く済ませることができます。




また業者によっては、買い取りをしてくれる場合もありますので回収費用を差し引いてお得になることもあるのです。
これを踏まえれば、不用品回収業者に依頼するのが賢く引っ越しをする方法でしょう。




しかし、不用品回収業者に依頼するときに気をつけたいこともあります。
それは「悪徳業者に騙されないようにする」ということです。




悪徳業者を誤って利用してしまうと
・無料と聞いていたのに高額請求をしてくる
・必要なものまで強引に回収されてしたった
などというトラブルもありますので、本当に信頼することができる業者かどうかを見極めることが大切です。




基本的に回収業者は、一般家庭からのゴミを回収するための「一般廃棄物処理業」の許可をもらっており、リサイクル法に基づいた廃棄もしています。




一方で、無許可で行っている悪徳業者は企業からしか回収することのできない「産業廃棄物処理業」の許可だけでから運営をしていることもあるのです。
このような悪徳業者は、回収したゴミを不法投棄したり高額請求をしてくる場合もあるので注意が必要です。




■余裕を持った片付け・荷造りをして賢く引っ越しをしよう
引っ越しに伴う片付けで処分に困ってしまった不用品を回収やゴミ屋敷から新たな環境へ引っ越しをする場合など、どんな状況にも便利に利用できるのが「不用品回収業者」です。




不用品回収愛媛では、家具や家電などの自分で片付けられない少量のゴミや、大きなものや大量のゴミの回収まで対応しています。




引っ越し前後に出る不用品や粗大ゴミ、自転車やベッド、タンスなど生活の中で出てくる不用品の処分に困るものもお任せください。




具体的には
・細々した不用品:おもちゃ、楽器、調理器具、スノーボード
・大型家電や粗大ゴミ:マッサージチェア、ベッド、洗濯機、食器棚、冷蔵庫、スポーツ器具
・引っ越し前後で出る粗大ゴミ:テレビ、炊飯器、エアコン、カラーボックス、掃除機
・事務所の不用品:デスク、パソコン、金庫、スキャナーなど




一般廃棄物収集運搬業許可・古物商認証番号取得業者で、安心安全に利用することができます。




また出張お見積りも無料で行っていますので安心してお問い合わせください。




■まとめ
入学や就職など新生活がスタートする引っ越しシーズンになってきました。




引っ越しの準備はやることが多くてバタバタとしてしまいますが新しい環境で新生活をスムーズにスタートさせるためにも、計画的に不用品やゴミの処分は早くから済ませておくことがオススメ。




ゴミを不用品回収業者に依頼すると
・一気に不用品の処分ができる
・荷物を減らし引っ越し費用の節約になる
・買い取りがある場合、お得に不用品を片付けられる
・自分で運んだりする手間がない
などというメリットがあります。




計画的に片付けを進めて、賢い引っ越しをしてくださいね!




今回は引っ越しに伴う片付けで得する情報や、賢く引っ越をする方法についてご紹介させていただきました。

お片付けの見積もりに行きました。

2020/12/05


今日は松山市内のお客様のご依頼です




油断したらお部屋が凄い事になった❗️




と電話いただきました。




年末までには片付けたいとの事なんで




頑張って片付けします。